使われている成分は? | 低用量ピルを使った避妊にはマーシロンがオススメ!通販で購入できる

使われている成分は?

黒い背景と錠剤

元々副作用が最も少ないとして女性たちの間で人気を集めていた低用量ピルの中でも、さらに身体にかかる負担を少なくして作られたマーシロン。
安全に避妊をするためにも、身体に負担があまりかからない低用量ピルを使いたいと考えている女性は多いと思いますが、そういった人たちにとって、マーシロンは画期的な低用量ピルだといえますよね。
ですが、女性の中にはどのような成分が使われているのか、一度確認してからのほうが、より安心してマーシロンを服用できるという人たちもいるのではないでしょうか。

マーシロンは超低用量ピル、つまり低用量ピルの一種なので、使われている成分は低用量ピルを大体一緒です。
元々ピルというのは黄体ホルモンであるデソゲストレルと卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオール、二つの女性ホルモンで作られた錠剤のため、マーシロンにもこれらの女性ホルモンが含まれています。
そのため、マーシロンは服用することによってこれらのホルモンが体内で働き、身体を妊娠している状態に近づける効果があり、これによって妊娠するのを防いでくれるというわけなんですね。
マーシロンは1錠に含まれているエチニルエストラジオールの量が少なく、0.002mgしか含まれていません。
これにより、元々少ない低用量ピルの副作用の心配をさらに減らすことに成功しており、女性が安心して避妊をすることができるようになっているのです。

低用量ピルの中でも最も安全に使うことができるといえるマーシロンを使って、効果のある避妊をしましょう!